0番台

 

営業最高速度

120/h

設計最高速度

120/h

起動加速度

2.5/h/s

減速度

3.5/h/s(常用最大)

4.2/h/s(非常)

車輌定員

133名(先頭車トイレあり)

130名(先頭車トイレなし)

144名(中間車)

全長

2,000

全幅

2,950

全高

4,140

車体材質

普通銅

軌間

1,067

電気方式

直流1,500V

主電動機

かご形三相誘導電動機

駆動装置

中空軸平行カルダン駆動方式

制御装置

直並組合せ抵抗制御

界磁添加励磁制御

台車

円錐積層ゴム式ボルスタレス台車(ヨーダンパ付)

制動装置

電気指令式(直通・回生(純電気式)・抑速・耐雪・駐車ブレーキ付)

保安装置

ATS-SWATS-P

列車防護無線装置

EBTE装置

製造メーカー

関西車輌

川崎重工

編成

46

 

旧関鉄大阪東西線の快速列車用として、1988年から1990年に4両編成16本、6両編成9本の計118両が製造された。

2003年からは現在の大阪南北線河内山本-元山上口間で運行していた。

0番台(体質改善)

初期車の製造から25年以上が経過し、車体腐食や電子機器劣化などが進行し、現在の新製車両と比較すると品質面やサービス面が低下する傾向があったため、接客設備の改善および安全性向上を目的に、2016年からKW201系全118両を対象に体質改善工事を行った。

そのうち、4両編成16本は紀伊線色に変更、6両編成9本は団体列車・イベント列車にそれぞれの改造が予定されている。

また、この体質改善工事により制御装置がIGBT素子VVVFインバータ(静止形インバータ一体型)に変更されている。

1000番台

 

営業最高速度

120/h

設計最高速度

130/h

起動加速度

2.5/h/s

減速度

3.9/h/s(常用最大)

4.4/h/s(非常)

車輌定員

126名(先頭車トイレあり)

133名(先頭車トイレなし)

144名(中間車)

全長

2,000

全幅

3,003.2

全高

4,085

車体材質

ステンレス

軌間

1,067

電気方式

直流1,500V

主電動機

かご形三相誘導電動機

駆動装置

WN継手式中実軸平行カルダン方式

制御装置

2レベルIGBT素子VVVFインバータ制御(静止形インバータ一体型)

台車

軸梁式ボルスタレス台車(ヨーダンパ付)

制動装置

電気指令式(直通・回生(純電気式)・抑速・耐雪・駐車ブレーキ付)

保安装置

ATS-SW2ATS-P3

列車防護無線装置

EBTE装置

EB-N(デッドマン装置)

車輌異常挙動検知システム

製造メーカー

近畿車輛

川崎重工

編成

24

 

1000番台は、2017年9月16日に開業した河鉄大阪線新大阪~関西空港間の快速列車と紀伊線ワンマン列車に充当する名目として、2016年に4両編成14本、2両編成4本の計64両が製造された。

なお、前面転落防止幌は最初の4両編成2本のみに取り付けられている。